貧乏リーマンが小金持ちを目指す

地方在住のリーマンが小金持ちを目指しながら不動産ウラ話や沖縄情報を発信しているブログです。

クラウドバンクで投資した結果を実績公開!

こんにちは、チップです。

ご訪問ありがとうございます。

 

資産運用として最近、認知度が上がってきたソーシャルレンディング。実際どうなのかと思いお試し的な感じで6万円を投資してみました!

 

ソーシャルレンディング事業者も乱立し市場規模も急激に拡大しており、どの事業者を選んでいいか悩むところですが、チップはクラウドバンクを選びました。

 

 

クラウドバンクは貸し倒れがなく利回りは6.62%

6万円を約10カ月投資した利益は2,576円、利回りは6.62%

投資したお金は貸し倒れも一切なく、遅延もなく償還されています。

投資先を選んだ後は償還までほったらかしでやることなく、投資でハラハラドキドキしたくない方はおススメの投資法だと思います。

 

f:id:chip39:20190213120455p:plain




クラウドバンクを選んだ理由

  • 1万円から投資可能
  • 投資期間が短期間の商品が多い
  • 過去に貸し倒れがない

 

ソーシャルレンディングのメリット

  • 最大の魅力は利回りの高さ

各事業者によって若干の差はありますが、平均として5%~8%で推移しています。定期預金や他の金融商品と比較しても、魅力的な利回りです。

 

  • パフォーマンスが安定している

一般的に株やFX等は資金量が豊富だったり、ヘッジファンドには一般人は同じようなパフォーマンスは期待できません。ソーシャルレンディングは初心者、経験者に関わらず差は生じません。

 

  • 感情に左右されない

一度投資してしまうと償還されるまで、運用が終了するまでやることがありません。日々の値動きにドキドキすることもありません、日々を安心して過ごすことができます。

 

  • 少ない資金から投資可能

クラウドバンクは最低1万円から投資可能です。まずは少額から投資してみて、資金を増やしていくことも可能です。

 

ソーシャルレンディングのデメリット

  • 事業者の倒産リスク

ソーシャルレンディング最大のリスクが事業者の倒産です。万一、経営が悪化し倒産してしまった場合は預けている資金を全て失う可能性があります。

複数の事業者を利用したり、経営状況を常に把握したりと自己防衛が必要です。

 

  • 投資先によって貸し倒れが発生する可能性がある

ソーシャルレンディングにとって大きなリスクになります。貸し倒れは、頻繁におきているわけではありませんが、貸し倒れによって元本全額、一部がなくなる可能性はあります。

投資金額を少額で分散させる、事業者を複数使い分ける等の貸し倒れになっても大きな損失をださない方法が必要です。

 

  • 投資期間中は資金が拘束される

一度、投資すると運用期間中は資金が拘束され、途中解約が原則できません。あくまでも余剰資金で投資していきましょう。

 

  • 早期償還される可能性がある

償還前であっては投資先によっては早期償還される可能性があります。デメリットではないかもしれませんが、早期償還されることにより利回りの低下が考えられます。

 

 

まとめ

結論としてはおススメできる資産運用だと思います。安定した高い利回りは他の金融商品と比較しても魅力的です。

一方、ソーシャルレンディングは発展途上の段階でもあり、事業者も新興企業が多く倒産のリスクが付きまといます。大切な資金を預ける事業者は慎重に選んだほうがいいでしょう。デメリットを理解した上で投資していきましょう!