貧乏リーマンが小金持ちを目指す

地方在住のリーマンが小金持ちを目指しながら不動産ウラ話や沖縄情報を発信しているブログです。

【義務教育にかかる費用を計算してみた】小中学生が学校に通うだけでお金は結構かかる

f:id:chip39:20190522213605p:plain

こんにちは

貧乏リーマンのチップです。

 

我が家には子どもが3人います。

多いなぁ~と思うかもしれませんが、沖縄では普通の事で1人っ子の家庭は珍しがられるぐらいです。

 

中学生1人、小学生2人で義務教育なのでお金はあまりかかりません。

実際に学校に通うためにいくらかかってるのかな~と気になり調べてみました。

 

 

 

 

 

 

小学生の給食費

貧乏リーマンが住んでいる市町村では、小学生1人で毎月「約4,500円」の給食費がかかってきます。

20日間ぐらいは学校ですので1食あたり225円ですね。助かります。

もちろん夏休みは給食がないので、かかってきません。

計算すると4,500円×11カ月=49,500円/1人

 

小学生の集金

毎月なんやかんや名目をつけられ1人あたり2,000円ぐらい集金されています。

細かいことですが義務教育なので、なぜ税金で出来る範囲でやり繰りしないのか疑問に感じています。夏休みと3月は集金がありません。

 

毎月の集金以外にも授業で使う辞典、書道、鍵盤ハーモニカ、裁縫セット等の細かいお金がたまに発生します。

おおよそ年間1人10,000円ぐらいかな。

2,000円×10カ月+10,000円=30,000円/1人 

f:id:chip39:20190522213900p:plain

小学生にかかってくる費用合計

49,500+30,000円=79,500円/1人

我が家だと小学生が2人なので159,000円がかかりますね。

 

 

中学生の給食費

中学生になると毎月若干ですが高くなります。

当然食べる量が増えますからね。

1人あたり4,800円×11カ月=52,800円

 

 

中学生の教材費等

中学生になると新年度にあらかじめ、年間これだけのお金がかかってきますよ~と親切に案内文が配布されます。

それによると給食費以外で発生する費用は29,200円

 

f:id:chip39:20190522214112p:plain

中学生にかかってくる費用合計

中学生が1年間でかかってくる費用は82,000円

 

 

3人の合計額は・・・

79,500円+79,500円+82,000円=241,000円

まぁ妥当な金額ですね。半分以上は給食費ですから

 

ただ上記金額以外にも体育着や部活にかかる費用、習い事、学童と普段の生活費以外にも結構かかっちゃいます。

 

 

まとめ

義務教育でこれなんだから、高校生や大学生になっちゃうと破産しちゃうんじゃないかって考えてしまいます。

奨学金が問題になるのも分かる気がするな。

 

保育園無償化がスタートしますが、保育園が最近終わった世代からすると愚痴がでますよ。

3人合計で一体いくら払ってきたのか・・軽く100万は超えます!

 

少し脱線しましたが義務教育でも、結構な金額がかかるんだなと判明しました。

少しでも皆さんの参考になれば幸いです。

 

最後までありがとうございました!

早く小金持ちになりたい!!

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログへ
にほんブログ村