貧乏サラリーマンの雑記ブログ

沖縄在住の貧乏サラリーマンが小金持ちを目指しながら自らの資産運用、不動産情報、沖縄おもしろ情報を発信しているブログです。

【ホワイト企業にダメ出し】昭和世代のアラフォーがホワイト企業に馴染めない!

f:id:chip39:20191119191036j:plain

どうも

貧乏サラリーマンのチップです。

 

私もアラフォーとなり社会人経験も約20年ぐらいたちました。

オッサンになるのはあっという間です、精神年齢は新社会人と変わらなく成長していなんじゃないかなと思います。

 

今までいくつかの会社で勤務してきましたが、現在の会社はどちらかというと「ホワイト企業寄り」に分類されると思います。

世間的にはホワイト企業でないかもしれませんが、私からみるとホワイト企業にみえます。

 

賃金はいいとは言えませんが、有給も取れるし帰ろうと思えば定時で帰れるし、営業会社でありながら数字へのプレッシャーも若干緩い。

 

私は今までどちらかというと「ブラック企業よりの会社」で働いてきたのでいろいろと思うことがあるんです。

 

対外的に判断しても賃金以外は悪くはない会社ですが、私には何か合わないんですよ。

会社の人と必要以上に仲良くしたくない私の性格が問題あるかもしれない。

昭和生まれのアラフォーがホワイト企業に対しての疑問点を書いていきたいと思います。

 

 

 

褒めてばかりだが給与に反映されにくい

f:id:chip39:20191120102328j:plain

社風になりますが、基本的に怒鳴ったり注意するといった文化がなく「褒めて褒めて成長を促す社風」なんです。

ハッキリ注意してくれたほうがスッキリするよ! 

始めの頃は「こんな緩くて大丈夫なの?」と思ったぐらいです。

 

時代に合わせてるっていえば聞こえはいいのですが、何か無理している。

これが個人的に気持ち悪くて仕方ない!!

 

褒めてくれるんだったら給料に反映させてくれって思ってますからね。

多少なりとも増えましたが貢献度から考えると低い。

 

個人的な考えですが、サラリーマンなので「評価される=給料が上がる」と思っています。

上辺ばっかりの評価なんかいらないんだよ。って気持ちですね。

給料が上がらないっていうのは、そもそもホワイト企業とはいえないかも。

 

サークルみたいなノリで仲が異常にいい

f:id:chip39:20191120102822j:plain

これも良いことなんですよ!とても良いことだと頭では思うんですね!

でも何故か受け入れきれない・・ 

 

会社の同僚として仲が良いというのはいいのですが違います!

みんな友達みたいな感覚なんです。

 

会社なんですよ!

仲良くなる為に来ているのでなく利益を上げる為なんだよって感覚なんですが、私が異質なのかな。

 

そのせいか社内結婚が異常に多い、しかも結婚後も夫婦ともに普通に働いている。

 

 

ポジティブすぎる文化

f:id:chip39:20191120103124j:plain

これも非常に良いことなんですよ!分かっています!

ただポジティブ文化すぎて否定的な意見言えないよ! 

 

社風がポジティブなので誰一人、会社批判を言いませんってか言えないんだと思います。

 

理念の中に「自分に原因はないか」って言葉もあるから、批判することを言ってしまうと「自分自身に原因云々・・・」と返ってくる可能性高いです。

 

もうそうなると面倒くさい。

批判の言葉から改善しようってなる可能性もあるのでは?と思ってます。

 

私も小心者なので直接は言えません、現場の上司には何度も言ってますが..。

たまにある社内アンケートではここぞとばかりに指摘してます(笑)

  • 都市圏と沖縄では市場規模が違い過ぎるから評価方法を変えないとダメ!
  • システムがダメだから改善しよう!
  • 経費かけて集まる必要ないTV会議で充分
  • 若い上司は頼りないから全員変えろ!

こんな感じです。

 

恐らく誰が書いているかはバレているでしょうね。

まあ改善してほしいことだからバレててもいいのですが。

 

成長が止まったら?

f:id:chip39:20191120103235j:plain

個人的に一番不安なのがここ

 

過去5年ぐらい120%で成長してきた会社だからこその不安。

会社が成長したというよりは市場に合わせて会社が成長できたと思っている。

決してこの会社だから成長できたとは私は思えない。

 

大半の社員は成長中に入社してきている社員。

ほとんどが自分たちの力で120%成長できたと勘違いしている。

 

数社経験している私からみると、社風がいいこと以外は大した独自性もない会社だと思う。

キツイ言い方すると甘い会社!

 

そういう会社で成長曲線が止まったら?

立て直す力はあるのか?

挫折したことがない若い上司たちは、人を引っ張っていける力あるの?

 

おそらく無理でしょうね。

そうなると一気に業績悪化で雰囲気悪くなるのが目に見えてます。 

 

会社の仕事は全力で挑む?

f:id:chip39:20191120103416j:plain

これも賛否両論あるかと思いますが、私は「最低限の貢献」で良い。

私が考える最低限の貢献というのは、もらえる年収の6倍の利益を稼ぐこと!

年収500万だと3,000万の利益を会社に残す。

売上ではなく利益で考えています。

 

逆に言うと、それをクリアできないのであれば何時間かかってでもやるべき!

未達であれば自分から給料を下げてくれというぐらいの気持ちがないとダメ。

一応私は年収の10倍以上は貢献しています。

 

最低限の貢献をクリアすると、それ以上の貢献度が給料に反映されるのであれば頑張る!

全く変わらないのであれば、ほどほどで定時に帰るで良いのでは?

 

会社員としては間違っているかもしれませんが、サラリーマンはお金で雇われていることは事実なので貰える金額以上の働きをする必要はないと割り切っています。

 

私はさっさと帰って「家族との時間を大切にしている」派です。

子どもと一緒にいれる時間って長いようですがあっという間ですよ。

私が何よりも優先するのは家族です!

 

この考えに至った出来事もあったのですが、会社というのは「いざとなれば社員なんかどうでもいい」と簡単に切り捨てます。

どういう会社であれ業績が悪くなれば当然のことです。

 

私はいつクビになっても困らないように転職先は確保済みです、だからこそのグチ!

家族あるものリスクヘッジは当然です!

 

まとめ

このホワイト企業に対する違和感の正体は「私が昭和世代だから」だろうな。

もしくはブラック企業の体質に洗脳されているか。

どっちなんだろう?

アラフォーで就職氷河期を味わった皆さん教えてください!!

 

ちなみに私は転職推進派です!

昔からよく退職したいという人から相談受けた場合は快く一言「辞めろ」、辞めた後のことは関係ないから気にするな!と言ってました。

 

また会社に合わない人がいるな~と思ったら、他の会社にいったほうが活躍できるよとストレートに伝えて転職を勧めていました。

 

人によって得意不得意があるのは当然なので、成績が悪いからと人格を否定するのはもってのほか、絶対にダメです!!

 

時代に合わせて考えると、この会社の社風はベストだろう。

褒めて伸ばすというのは子育てにも通じるところ。

 

子供たちも一緒なのだが、会社の若い社員も「怒られることに慣れてない」というのは問題。

 

子ども時代に怒られることがないまま社会人になってしまうと、「始めて怒鳴られた」と聞いたことがある。

社内だけでなく、お客からも怒鳴られることがあるので多少なりとも「怒られること」も必要では?と個人的に思っています。

 

話にまとまりがなくなってしまいましたが、こういう考え方になること自体が年を取ったんだろうなと思って少し悲しくなります。

単なるグチっぽくなってしまったので気分を害した方には申し訳ありません。

 

応援よろしくお願いします! 

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村