貧乏リーマンが小金持ちを目指す

地方在住のリーマンが小金持ちを目指しながら不動産ウラ話や沖縄情報を発信しているブログです。

不登校の10歳ユーチューバー!俺は不幸じゃない自由になる YouTuber

       f:id:chip39:20190506113701p:plain

ご訪問ありがとうございます!

うちなーんちゅで貧乏リーマンのチップです。

 

先日、地元新聞である琉球新報に下記の記事が掲載されてました。

”不登校の10歳ユーチューバー”

 

他人の生き方にどうこう意見できる立場ではないのですが、同年代の子どもがいる父親としては無視できない記事の内容でした。

まとめサイト等でも取り上げられて少しだけ話題になっている。

 

率直な感想としては

ただの「ワガママでは?」 

あくまで記事内容だけで判断した私個人の感想であり、押しつけるつもりもありません。 

 

 

 

下記がその記事、よければ読んでみてください。  

5月5日の琉球新報より引用

「不登校は不幸じゃない」10歳のユーチューバー 沖縄から世界に発信「ハイサイまいど!」

 

「俺が自由な世界をつくる」。自由を求めて学校に通わない選択をした中村逞珂(ゆたか)さん(10)=宜野湾市=が「少年革命家 ゆたぼん」と名乗り、ユーチューバーとして活動している。大阪生まれ、沖縄在住のゆたぼんは「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、いじめや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

不登校の子や親を励ますメッセージを発信している「少年革命家ゆたぼん」こと中村逞珂さん=4月30日、宜野湾市内の自宅

 ゆたぼんが学校に通わなくなったのは小学校3年生の時。宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている。

 配信する動画は歌やお笑い系が多い。パワフルに熱唱する姿は、父親の幸也さん(39)の影響で好きになったブルーハーツをほうふつとさせる。

 人気作家や編集者、お笑い芸人などと共演を重ね「ノートに書くだけが勉強じゃない。いろんな人に会うことも勉強だ」と、学校ではできない学びに自信を深めている。

 活動をしていると「死にたい」という子どもから相談が寄せられることもある。そういう時は友達になり「死ぬな。苦しむな。学校なんて行かなくてもいい」と言い続けている。

 夢は子どもだけが乗れるピースボートで世界中に友達をつくり、戦争をなくすこと。子どもの自殺が増えるとされる夏休み明けの頃には、子どもを集めたライブを開催する計画も練っている。

 4日にインターネットラジオ「ゆめのたね放送局」の最年少パーソナリティーに就任。毎週土曜午後8時から30分番組「自由への扉」を放送している。

 ラジオでは苦しんでいる子に向けて勇気を与えるメッセージを発信するつもりだ。

 

 

▼実際のYouTube


【ロボットになるな!】不登校の天才YouTuber「麦わらのゆたぼん」

 

追記2019/5/10 5月10日の琉球新報より引用

いじめなどの問題で子どもの自殺が出ている現状を憂い、「少年革命家ゆたぼん」を名乗って悩んでいる子や親を励ますメッセージを発信している中村逞珂さん(10)を5日付の本紙で紹介したところ、インターネット上で賛否の意見が活発に交わされている。「宿題をやらずにさぼっているだけ」などの中傷も多く、専門家は「不登校の理由を周りが納得しないと許さないという異常さが表れている」と指摘する。一方、大リーガーのダルビッシュ有さんがツイッターで活動に理解を示すなど、肯定的な意見も広がっている。

 「学校に行っていた方が幸せになれる確率は高い」「我慢や忍耐力も協調性も無くて、身につける努力すら放棄して逃げてる」「親のロボット」―。本紙の記事を取り上げたニュースサイト「ヤフーニュース」のコメント件数は9800件を超え、逞珂さんが動画を発信しているユーチューブのチャンネルにも批判的なコメントが並ぶ。その多くは、逞珂さんが学校へ行かない理由に納得できず“安易なサボり”と断じた上での批判だ。ネットメディアも同調するように批判的な視点で報道し、会員制交流サイト(SNS)で拡散されている。

◆共感

ゆたぼんの記事にコメントするダルビッシュ有さんのツイッター

 そんな中、ダルビッシュさんは9日、逞珂さんの父親が批判に反論したことを紹介した日刊スポーツの記事をリツイートし「自分の好きなように生きればいいよね。責任も取れないのに他人の人生に口挟まなくていいと思うわ」とネットの論調に疑問を投げ掛けた。

 脳科学者の茂木健一郎さんもツイッター上で積極的にコメント。海外では学校ではなく家庭を中心とした「ホームエデュケーション」という選択肢があることを紹介しつつ「取り組みのすべてを、ぼくは応援したい」と表明した。

 逞珂さんの動画の以前からのファンは批判が多いコメント欄に「こんなの学校のいじめよりひどい」と心配した。逞珂さんと親交があり、自身の子どもも家庭で学ぶことを選択している母親は「学校に通うべきだと主張してゆたぼんを批判する人は、学校で何を学んだのか。匿名であれば人を傷つけてもいいと教えられたのか」と憤りを隠さない。

 賛否両論の中で注目度は上がり、約600人だった逞珂さんのユーチューブのチャンネル登録者数は一気に1万6千人を超えた。逞珂さんは「ホンマに助けが必要な子にメッセージは届いている。それがめっちゃうれしい」と前を向く。9日はFMなんじょうのラジオ番組に出演し思いを語った。

◆理由

 逞珂さんは学校へ行かなくなった理由として、大阪に住んでいた小3の頃、宿題を強制する学校に疑問を抱き「先生の言うことを黙って聞くロボットになりたくなかった」と説明している。当時の担任が逞珂さんに居残りして宿題をやるよう命じ、たたいたというトラブルも背景にある。

 1、2年の頃は楽しそうに学校に通い、宿題もこなしていた。しかし、3年の時の担任にたたかれた日、泣きながら帰宅した。担任は両親に対し、たたいたことを認めず「手が滑って当たった」と説明したという。

 以来、逞珂さんは何が学びたいかを自分で考え、実行してきた。いじめによる自殺者が出ているというニュースを知った後は、ユーチューブなどで「不登校は不幸じゃない」と発信するようになった。

 不登校新聞の石井志昂編集長は「暴力で児童と教師の関係が破綻した場合、正常な関係に戻るには時間がかかる」と説明。「一方で、命が脅かされないと学校を休めないのもどうかと思う」と、周囲が納得しないと不登校を認めないという風潮に疑問を呈した。

 

 

 

肯定できる部分もある

この子が言っている”ロボットになるな”、”自由や”の部分は理解できる。

イジメや人間関係が苦しければ「学校に行かなくてもいい」とは思う。

どうしようもない状況であれば学校であれ、会社であれ逃げるという選択肢もありだ。

 

ただ「少年革命家」という表現は辞めてほしい、学校に行かないのが革命なのか・・ 。

それこそ押しつけではないのか。

 

単なる勉強嫌いでは?

ただし”勉強が嫌”がキッカケで学校に行きたくないとは・・。

単なる「勉強嫌いな子どものワガママ」でしかないのでは?

学校に行きながらでも自由になる、ロボットになるなとYouTubeで発信できるじゃないかと思ったりする。

私も学歴社会は終焉を迎えてきているのを感じている。

ただ必要最低限の勉強は生きていくうえで絶対に必要だ!

 

人の言うことを素直に聞くことは「ロボットになるのか?」

難しい問題だ。

YESマンにはなりなくないのは賛成。

反発できるほど自立できてないのであれば、素直さが大切だと思う。

私自身、いくつになっても素直さを忘れないように心がけている、先輩・後輩を問わず学ぶことは多々ある。

それを取り捨て選択して自分の知識として活かしている。

 

いい時代になったのを感じる

私が子ども時代と比べて変化を感じます。

小学生時代は今でいう体罰は当たり前、保護者も教員も生徒も疑問にも思っていなかった。

悪いことすると怒られて当然という年代でした。

 

不登校も許される時代ではなかった。

当然ネットもなく、子どもには小さな世界が全てだった。

今では今回みたいに自己主張が簡単にできる。反面、企業も学校も風評被害を恐れてチャレンジがしにくくなっている。

 

終わりに

何が言いたいのか分からなくなってしまいましたが

「今の世の中好き勝手生きることが許されている、しかし自己責任だよ」って感じです。

 

この子もブレイクするかもしれませんし、しかしそれが正解だとも思えない。

価値観なんて人それぞれ、人の目を気にしすぎるのもよくない。

 

つくづく面白い世の中になったのを感じます。

 

 

▼動画繋がりでこちらの記事もぜひ。

【小学3年女の子が選ぶユーチューバー6選】お父さんが好きなYouTubeも紹介

 

 

ツイッター始めました!

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 貧乏サラリーマンへ
にほんブログ村