貧乏リーマンが小金持ちを目指す

地方在住のリーマンが小金持ちを目指しながら不動産ウラ話や沖縄情報を発信しているブログです。

【不動産売買のウラ話 売却編③】自宅を高く売るために買主に気に入られる内覧のポイント 売却する際の内覧編

こんにちは、チップです。

ご訪問ありがとうございます。

 

信用できる不動産会社も決まり、納得できる販売価格も決まりました!次のステージは「内覧」です。検討している買主は当然ながら現物を見たいと思うものです、そこで今回は内覧に際してのポイントをお伝えしていきます!

 

前回までの参考記事はこちらです。

www.small-richman.com

 

www.small-richman.com

 

 

徹底的に自宅を綺麗にする

広く見せるために整理整頓、いらない物は処分する

いらない物を処分し、整理整頓をおこない物件を広くみせましょう!

買主に対して家を広く綺麗に見せることが大切です。特にリビングは1日の大半を過ごすことになりますので重点的に取り組む必要があります。

 

照明は全て点灯しカーテン・窓は開ける

内覧する時間帯によっては室内が暗い場合もありますので、照明は全て点灯しカーテンや窓もオープンにしておきましょう。

当たり前ですが暗い家より明るい家が好印象になります。なるべく明るくしておきましょう!

 

匂いに気を付ける

意外と見落としがちなのでペットです。

日々同じ空間にいると慣れてしまいますが、犬や猫の臭いは気になります。内覧時は誰かに預かってもらったほうがよいです。消臭も徹底的におこなう必要があります。

 

水回りは徹底的に綺麗にする

水回りは毎日使うもので汚れやすく、肌を触れる場所にもなりますので念入りに掃除しましょう。お風呂場の水あかやカビ等は絶対NGです。場合によってはクリーニング業者に任せてもいいと思います。清潔感がとても大切ですよ。

 

買主に気に入られるポイント

相手に合わせて日程調整する

検討している方にもスケジュールがありますので、自分の都合だけでなく、相手の日程にも合わせて内覧日を調整しましょう。

内覧しないで物件を購入する方はほとんどいらっしゃらないので、都合が悪いからと断るとチャンスを逃がしてしまいます。購入する物件を決まるまで平均10件程、内覧するものです。

 

住んでいる人しか分からない情報を提供する

住んでみないと分からない部分を伝えていきましょう!

マイナスポイントも織り交ぜながらプラスポイントを強調することが大切です。小中学校までの距離やスーパー、病院の時間帯、日当たり、風当たり、治安等いくら伝えても足りないくらいです。

ここでの注意点はガツガツし過ぎないことです。押し売りしは誰しも嫌なんです!

 

内覧者への対応は奥様が良い

物件の購入は、どちらかと言うと奥様が主導権を持っていることが多いのが実情です。

内覧にいらっしゃる方も女性のほうが気兼ねなく質問や世間話ができたりするものです。

内覧の際は男性、お子様には外出してもらいましょう!!

 

 

まとめ

物件購入は価格や立地、建物の状況等、様々な要素がかかわってきます。少しでも確立をあげて早く高く売れる為には、買主の立場になって考えることが大切です!

自宅を大切にしているのであれば、見学にいらっしゃる方にも気持ちは伝わると思いますし、逆に乱雑に扱っている物件は雰囲気で分かるものです。

普段から綺麗にすることを心掛けて愛情を込めている物件は、次に住まわれる方も同じような方が現れます。大切にしてくれる方に譲ったほうが気持ちもいいものです。